ひろしマニアのBlogな日々
広島ローカルのニュース・イベント・地域発信情報をお届けします。世界の片隅の地方都市で、「何も起きない」日常をお楽しみください...+♪
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
受け継がれる浴衣の夏 in花火大会

いい年をして何ですが(といっても三十路を越えたばかりですがw)
お祭りが近づくと血中アドレナリンが増加する四円数です。
少し前の話ですが、花火大会に行ってきました。
夏の風物詩、ってやつです(^~^)

宇品の花火大会に行ってきたわけですが、
花火の写真は残念ながらありません。
デジカメのシャッターボタンが、押し込まれたまま元に戻らなくなるという、
当日参加した親戚一同、誰も予想しなかったトラブルが起きたためです。
握力が異様に強い叔父か、イタズラ好きの甥っ子か、
新しい機械を見るといじくりたくてしょうがないわたしの犯行か、
真相は闇の中です・・・。(わたしじゃないと思うんだけどなぁ)

当日は午後からぽっかり予定が空いていたので、親戚の家に顔を出し、
「ご無沙汰しております」の茶飲み話をしていました。
この親戚宅には中学2年と小学5年の姉妹がいるのですが、
お姉ちゃんの方は友だちと花火を見に行くとのことで親戚部隊には不参加。
“親と一緒は恥かしい年なのかね~”と話しておりました。

さて、花火大会に出かける準備をしていたときのことです。
わたしは小学5年の妹ちゃんの浴衣を着付けていました。

「はーい、できたよ。きつくない?」
「うん・・・。ちょっときついかも」
「これぐらい締めといた方がいいよ。崩れるといけんし」
「わかった^^ 今年は走り回らんようにするね」
「去年は襟や裾がぐだぐだになってお母さんに怒られたもんねぇ(笑」

わたしは今回は浴衣なし。普段着の格好です。
実家に浴衣を置いたまま取りに行くタイミングを逃してしまったので、
動きやすい夏らしい服で参加するつもりでした。

「そういやお姉ちゃんは? もう友だちの所に出かけたん?」
「ううん、自分の部屋におると思うよ」
「ちょっとのぞいて来るね。どんな柄なのか見てみたいし^^」

中学2年のお姉ちゃんの部屋のドアを開けると、
そこには浴衣姿のかわいらしい女の子が・・・・・、いませんでしたw
いや、いるにはいたのですが、
浴衣の襟や裾、それに帯が微妙に型崩れしています。
さっきお母さんに着付けてもらっていたのにヘンだなと思いつつ、
声をかけるとお姉ちゃんも自らの惨状に途方に暮れていました。
部屋の鏡に自分の浴衣姿を映しながら、
あちこち引っ張っているうちに全体のバランスがおかしくなったのだとか。
なんでそんなことしたの?と聞くと、うつむいて黙ってしまいます。
ま、そこまで聞いてピンと来ないほど四円数姉さんも野暮じゃありません(^^

「そっかぁ、“友だち”の中に気になる男子がいるのかぁ(ニヤニヤ」
「そ、そんなんじゃないよ!!」
「いいからいいから。お父さんとお母さんには黙っといたげるw」
「ほんまにただの友だちなんじゃって・・・」
「浴衣姿が子どもっぽかったから、あちこち引っ張ったんじゃろ?」
「う・・・・。」
「そんだけ崩れたら着付け直した方が早いよ。やったげるから」

お母さんが着付けてくれたのは子どもの浴衣の着方でした。
ボタンを留めてファスナーを上げればよい洋服とは違い、
一枚の布地を紐と帯で身にまとう浴衣は、自分に合う着付けをしなければなりません。
大人になりつつある10代半ばの少女には、それなりの「浴衣姿」というものがあり、
これは親からではなく、自分より年上の女性から教わることになります。
昔、わたしがそうしてもらったように(^^

「ねぇ、お姉ちゃん(わたしのこと)は男子と花火見に行ったのっていつ頃だった?」
「同じくらいの頃だよ。中2だったと思う」
「みんなそれぐらいなんかなぁ・・・」
「たぶんね~。うちの一族は中2になって親と花火見に行くほどおとなしくないから(笑」
「ふ~ん・・・。モテた方じゃった?」
「モテたモテた^^ 夏休みが毎晩花火大会でもさばき切れんぐらいモテたよ☆」
「それは、ウソじゃね?」
「お。疑っとるねぇw」

浴衣の襟は軽く抜いて(大人になるほどしっかり抜く)、
裾は手の平ひとつ分短くして足の甲がキレイに見えるようにする。
帯の位置は体型に合わせて。あまり腰高になるのは下品。
花下駄の緒は単色ではっきりしたものを選ぶ。

「どう? 印象変わったでしょ」
「ほんまじゃ^^ ありがとう♪」
「楽しんどいで。あんまり遅くならんようにね^^」

伝え聞いたところによると、意中の男子の反応は上々だったのだとか。
いまもむかしも、「急に大人びて見える浴衣姿の同級生」に男の人は弱いんですね^^

さて、せっかくの花火大会なのにそんな格好で行くんか、という
親戚の叔父さんたち男性陣のご好意により、
どこかの家で眠っていた浴衣をわたしも着る事ができました。
う~ん、多少は色気が出るようになったかしら(笑

井戸があるんですw

↓広島情報のブログはここをクリック↓
スポンサーサイト
没案と多様性とスリーラン
本題に入る前に。。。


赤松さん、3試合連続ホームランですってね~。
盗塁はするし、守備ではファインプレーだし、
まさに走攻守3拍子そろった活躍ぶり。
惚れたぜ38番♪
カープ4位浮上です
(^^v



はぁ、スッキリした。
では本題いきます。

きのう(1日)の夕方、支社長からお呼び出しを受けました。

「四円数さん、キミが提出していた改革案だけど、コンペの結果が出ました」
「はい」

来るべきときが来た、と思いました。
支社長と目が合い、一気に心拍数が跳ね上がります。

「見送り、です」

そうですか、とつぶやくような声が出ました。
準備に1年、まとめるのに半年、提出してから半年の選考期間を経ましたが
結果というのはあっけないものです。
“届かなかった・・・”という思いが胸の中に沈んでいきます。


全社員を対象にした「業務改善プロジェクト」というものにわたしは応募していました。
内容は、採用事業の1本化ならびに職能給から完全職務給への転換、という
ちょっとややこしいものです。
「業務改善プロジェクト」では、東・名・阪の本支社が強く、
中国支社から最終選考に残ったのは異例だったそうです。
ま、その点についてはちょっと嬉しかったのですが(^^;

わたしのアイデアについて簡単に書きますね。

まず、「採用事業の1本化」ですが、
これは新卒採用と中途採用の区別をやめ、すべて4~6月に行おうというものです。
つまり、30代の転職希望者と40代の子育て一段落の主婦さん、
リクルートスーツをおろし立ての新卒予定者を、“全員同じ土俵で”選考します。
入社後に就く業務を明確にし、その業務に対して
最も優秀だと思われる希望者から採用していきます。
おそらく、年齢・背景・経験はガチャガチャですが
能力については一定レベルを超えた「新入社員」が生まれるでしょう。

次に、「職能給から完全職務給への転換」ですが、
これは上記の「採用事業の1本化」とリンクしています。
業務内容を明記して採用する以上、
「お給料も、やった仕事の分だけ払いますよ」ということです。
ただし、やった仕事量≠勤務時間であり、
やった仕事量=その仕事で稼いだ利益、なのですが。
職務給:仕事の内容・ポストに応じた給与体系(出来高賃金)、
職能給:個人の能力評価に基づく給与体系(年功型賃金)と定義すると
多少は分かりやすいかもしれません。


ちっとも簡単に書いてないじゃないか、というご批判は甘んじて受けます(^^;
すみません、ややこしい話でw


このアイデアを提出した背景について書きますね。

2009年卒(大学・短大)の求人倍率は、2.14倍だそうです。(リクルートワークス調査)
つまり、就職希望の学生に対して、2倍の求人を出しているということです。
超売り手市場ですね(^^;

そして売り手市場のときの特徴なのかもしれませんが、
学生さんの側で2極化が進んでいます。
「とても優秀な一部のグループ」と「とてもじゃないけど雇う気になれないグループ」です。
採りたい学生に対する体感求人倍率は、2ケタを越えていると思います。
それでも企業として目標数は確保しなくてはなりませんから、
採用の現場ではジレンマが生じます。

「彼(彼女)は、一緒に戦う仲間として、ほんとうに迎え入れて良いのだろうか」

一方で、ここ3年の売り手市場の恩恵に与れない人たちがいます。
就職氷河期に社会に出た人たち、いわゆる“失われた10年世代”です。
出産・子育てが一段落して社会復帰を目指す女性たちです。
知識も経験もあるのに、リストラで第1線から外された中高年の人たちです。
彼ら・彼女らの中にも、素晴らしく優秀な人たちがいます。
わたしにはこの一群が“宝の山”に見えてしょうがないのです。


新卒をありがたがる時代は、もう終わりにしても良いのではないだろうか。
職能給(年功型賃金)だと中高年の給与が高くなり、採用に二の足を踏むというのなら、
いっそのこと職務給(出来高賃金)にシフトすれば良いのではないか。

「この会社が走り続けていくためには多様性が絶対不可欠。宝の山を見過ごす手はない」



しかし、想いだけでは現実は変わりません。
・・・・・・・・・・、場面は支社長室に戻ります。


「―――、以上が見送りになった理由です。納得は・・・、してませんねw」
「はい。あ、いえ、そういうわけではありませんが・・・」
「私見ですが、あなたのアイデアはテクニカルな問題を解決していません。
労基、税関係で法令違反の可能性があります。法務、監査も同意見のようです」
「そうですか・・・・」
「給与体系まで変えるのは、いささかやり過ぎです。他の方法がないか考えるべきでした。
もっと勉強が必要ですね」
「はい・・・・・・・・。分かりました・・・。」
「わかってないw」
「はい?」
「あなたの提案は“見送り”です。選外じゃない」
「はい・・・。え?」
「継続審議案件として留保、と考えるべきでしょう。
本社人事の連中もこのアイデアにはショックを受けていましたよ」
「はい」
「もっと勉強が必要です。さて、この件についての連絡事項は以上です。仕事に戻ってください」
「はい!ありがとうございました」


まだ、終わったわけではないようです。
没案だけど半分は届いた。
結果が出て、力が抜けて、さらに宿題が出た。
目をゴシゴシしながら残業していたときにネットで見た、

「赤松がスリーラン」の8文字。

ったく、これだからカープファンは辞められないや(^^;
またイチから頑張るかぁ☆

↓広島情報のブログはここをクリック↓

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

I LOVE 80’s
09年度新卒採用活動も佳境を迎えたきょうこの頃、
他社の人事・採用担当者のみなさんはいかがお過ごしですか?
ユンケルのお世話になってますか?

わたしの会社では、第1クールの面接&選考の真っ只中です。
内々定を出すのはGW明けくらいかな。
幸いなことに目標数以上のエントリーがあり、
第1クールは「採りたい学生を採れる」という状況です。
ま、第2・第3クールもあるし、秋採用もあるし、
内々定を出した学生さんへのフォローもあるし・・・。
当分は忙しい毎日を送りそうです(^^;
(連日、午前様ですのよw)

ココ最近ずっと仕事仕事の生活でしたので、
息抜きにカラオケに行ってきました。
せっかくの休みなんだから早く寝ればいいんだけどw
え~っと、5人で行って4時間歌ってきました(^^;

ちと、ノドがガラガラです。
ハスキーボイス四円数・・・。

今回は、誰が言うともなく「80年代~90年代前半」の曲ばかりでした。
その頃に思春期や青春を送ったメンツでしたので。
イントロを聞くと、知らないと思っていた曲でも意外と覚えているもので
Bパートを歌ったりハモリを入れたりしておりました。

そう、自分が歌う曲以外でも、ほぼ歌いっぱなし。
そりゃ声も涸れますね(笑

レベッカ、BOØWY、A.R.B、山下久美子、プリプリ、SHOWYA、Persons、etc。。。

わたしよりも、少し上の年代のヒット曲です。
背伸びしてラジオで聞いてた頃を思い出します。

さて、今夜もっとも盛り上がったのは、この曲でした。
スマスマで一夜限りの再結成をしたんですよね?
見たかったなぁ♪



う~ん、やっとこの歌詞の意味がわかる年になったかもw
かなりキワドイ内容ですが(^^;
そういえば中学生の頃、お風呂でこの歌を唄っていて(鼻歌まじりで)
父から「はしたない。やめなさい」と叱られたことがあったなぁ。

うん、今なら父が狼狽していた理由がわかる(笑

↓広島情報のブログはここをクリック↓

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

『数学ガール』
数学ガール


という本を読みました。
ほぼ一気読み、という面白さでした。
「うへぇ、数学かよ」と拒絶反応を出される方もいるかもしれませんが、
一部では“最強の萌え系数学書”と評されている本書。
高校生が主人公の学園物語(図書室物語といってもいいかも)としても
十分な面白さがあると思います。

第1章 数列とパターン
第2章 数式という名のラブレター
第3章 ωのワルツ
第4章 フィボナッチ数列と母関数
第5章 相加相乗平均の関係
第6章 ミルカさんの隣で
  ・
  ・
  ・  ・

各章がそれぞれ独立した話となっており
いろいろな数式が出てきます。
その数式をノートに書き出して
展開したり、置換したり、評価したり・・・
毎晩、寝る前に『数学ガール』とノートを広げて
本の主人公と一緒に数学の世界を堪能しました。
「読了」というより「完食」といった方が合ってるような満足感ですw

主人公の「僕」と、同級生の天才少女ミルカさん、「僕」の後輩の元気少女テトラちゃん。
この3人が登場人物で、数学のさまざまなトピックスについてアプローチしていきます。
あるときは昼下がりの教室で、放課後の図書館で、帰り道の喫茶店で・・・。
自分もたしかに通った「あの頃」の情景が目に浮かんでくるようで、
そういった意味でも二重に楽しめました☆



実を言うと、わたしも「数学ガール」だった時期があったのです(^^;
・・・・・・。いや、ちょっと違うか。
とびきり優秀な「数学ボーイ」たちに出会って
いまも続く“数学好きの芽”を植えてもらった季節がありました。
それこそ、この本のように、
昼下がりの教室で、放課後の図書館で、帰りの電車の中で・・・。

わたしの「数学ボーイ」は高3の先輩2人でした。
当時、回路を組んで16進数を使ってプログラミングすると
その通りに動く、というマイコンというものがあり
彼らはその「マイコンマニア」でした。
膝の大けがで陸上部を休んでいたわたしは、
その頃によく通っていた図書室で、この先輩2人に捕獲されたのでしたw
計算要員、並びに娯楽要員として(笑


ここでちょっとN進法について復習しますね。
2進法というのは「2のところで桁が上がる」ということです。
大雑把な説明ですがw
つまり10進法と2進法を並列表記すると、

0、1、 2、 3、  4、  5、・・・・、【10進法】
0、1、10、11、100、101、・・・・、【2進法】となります。

コンピュータが「0と1だけで動いている」というのは
この2進法を使ってあらゆる数を表現できるからです。

続いて16進法についてですが、同じように「16のところで桁が上がる」ということです。

0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14、15、16、17、18、・・・・・・、【10進法】
0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、 A、 B、 C、 D、 E、 F、10、11、12、・・・・・・、【16進法】

となっています。
「10~15」までをアルファベットの「A~F」で代用していますね。

※※※
ちなみに、、、
森博嗣さんのミステリ小説「すべてがFになる」は、
この16進法がナゾを解く鍵になっています。
さすが工学博士の理系作家さんです(^^


先輩2人とわたしが主にやっていたのは、
10進法⇔2進法、10進法⇔16進法でした。
2進法⇔16進法については、機械的に変換できる方法がありますので
作業的には、ほぼ無視できるくらいラクでしたし。
放課後の図書館で延々と電卓と手計算をやっていると、
徐々にですが数字に対する感覚が鋭くなってきます。
「1024」は「2の10乗」であり、16進法では「400」であるとか。

3人で一緒に下校するときは、道を走っている車のナンバーを見て
その関係を言いっこしたりしてました。

「いまのタクシーって連続する素数でしたね」
「ほ~、なかなか言うじゃん。じゃあ今のトラックは?」
「31-73、ですよね」
「両方とも素数だけど関連性は?」
「・・・・・・・・・」
「素数にとらわれると見失うよ」
「・・・・・・・・・。降参です」
「3と、その平方根」
「あ。1.7320508の173か」



赤信号で立ち止まったりすると、実は今でも同じことをやっています。
「数字が全部3」とか「全部7」とかいうナンバーは
面白みがないのでスルーさせてもらって(^^
一見、何の関連性もないような数字が
裏側で強い結びつきを持っていたりすると、すごくいいものを見たような気になります。

今まで最高に幸せな気分になったのは
10月9日に「17-29」のナンバーを見たときです。
これが分かる人はわたしと話が合うと思いますよ♪

↓広島情報のブログはここをクリック↓

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

カープ初勝利☆ 勝負『P』がきまった?!
勝ったあぁぁぁぁぁ~~~~~~~~!

最後のバッター、ルー・フォードをセカンドゴロに打ち取り、
広島カープが4-2で阪神タイガースを破りました☆

市民球場開幕シリーズも1戦、2戦といいところなく負けて
監督も選手もファンも、とにかく勝利に飢えていたところでこの初勝利。
長かったなぁ・・・・。
カープ初勝利の余韻を生で味わえたのは本当に嬉しい(^▽^)
辛い負け試合を耐え、球場に足を運び続けたファンの皆様、お疲れさまでした。
わたしも含めてねw

3月28日にシーズンが開幕してからは
着る服の中に必ず「赤」をワンポイントで入れていました。
野球の季節が始まったことを喜ぶ意味と
カープに勝って欲しいという願いを込めた「赤」でした。
しかし、負けが続くにつれ、
赤のワンポイントはどんどん増え、
きのうなどは“どこぞの海の熱帯魚”のような格好に・・・・。
さすがにその格好で出勤するのは気がひけたので(新入社員もいるしね^^;)、
元のスーツ姿に戻しましたが(笑

とはいえ。
仕事をしながら考えました。

阪神タイガースに3タテされるわけにはいかない。
ここはひとつ、今までやらなかったことをせねば。
「2番・キャッチャー、石原」ぐらいのインパクトがあるやつを。

(※ 四円数はこの時点で正常な判断力を失いつつあります。4連敗は効きますねぇ 笑)


というわけで、市民球場に向かう前に
あるところで「とっておきの」を調達しました。

ん?
あるところってどこですかって?

女がここ一番という勝負どころで身に着けるモノといったら
【下着:lingerie(ランジェリー)】しかないじゃないですか☆

普段買うものとは色づかいが180度異なる棚の前でしばし(いや、かなり)躊躇。
「どちらかというとピンクに見える赤」や
「オレンジと言えなくはない赤」などに逃げようかと思いましたが
“弱気は最大の敵”という津田の言葉を思い出し、
いっっっちばん赤いヤツをチョイスしました。

レジで会計をしてもらうと、時刻はすでに試合開始時間を過ぎていました。
ていねいに、ていねいに包装(ラッピング)してくれる店員さんに、

「あの・・・・、バッグに入れますので」(だから早く渡してね、という意味)
「はい、かしこまりました」
依然として“ていねい、ていねい”な動き。
「そんなに包まなくていいですよ」(だから早く・・・以下略)
「はい、少々お待ちくださいませ」
若干スピードアップするていねいな動き。
しかし、ラッピングした商品に貼るシールが見当たらないのか、あちこちをゴソゴソ。
手首の腕時計を見ると、まもなく午後7時。

「あのっ、すみません!」
「はい?」
「すぐ使うので包まなくていいです」
「えっ?!」

う~ん、一体どんな客だと思われたのか(笑
セクスィな一着を渡されながら、店員さんから
“今夜が勝負なんですね。がんばって下さい”
という視線を感じたのは気のせいだったのでしょうかw
(色気のない勝負です、はい・・・)


市民球場に着いてスコアボードを見ると試合は中盤に差し掛かっていました。
阪神に1点リードを許した1対2。
また今夜も・・・・、とイヤな空気がスタンドを覆っていました。
しかし五回裏、今までつながらなかった打線がタイムリーを放ち、一気に逆転!
その後の展開はみなさんご存知の通りです。
今季初勝利、ラストイヤー市民球場の初勝利を飾ったのです。

石原、前田がよく打ちました。
8番の東出がしぶとくチャンスを作りました。
ルイス、横山、コズロースキーが大事なところで抑えました。
チーム一丸となった上での勝利です。

わたしの「限定使用:勝負B&P」も験(げん)担ぎとしては最高のデビューを果たしました。
次も勝ったらホンモノですね(^▽^)
家に帰ってからBの方がちょっとフィットしないことに気づきましたが、
今季はこのB&Pで観戦する予定です(笑

↓広島情報のブログはここをクリック↓

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。